トイレトレーニング

トイレトレーニングの重要性を知りましょう。0〜2歳までの赤ちゃんは排泄をおむつでしますが2歳以降になったら少しづつ自分でできるように訓練します。これがトイレトレーニングですがこれから成長していく上で欠かせないしつけです。そんなトイレトレーニングについてまとめてみました。 ではどういうことに気をつけてトイレトレーニングを行うのがいいのでしょうか。まずは親が手本を見せてあげることです。これは親自らが実践して見せてあげることで子供も理解しやすくなります。その上で子供と一緒に行っていくのがいいのです。根気強く怒らないように教えていきましょう。 そしてトイレトレーニングの方法ですがどう教えていけばいいのでしょうか。いろいろありますが大事なポイントは子供に対して声を掛けることです。子供が用を足す時間を覚えておきその時間が来る少し前に子供に声を掛けてトイレに行く習慣をつけるようにすることです。こうすれば自然とトイレに行くことを覚えていきます。 トイレトレーニングで大事なことの1つですが時間が掛かることが挙げられます。子供により個人差があるのですがおむつから卒業するまで1年ほどかかるのが一般的な期間です。トイレにキャラクター用品を置いたりおまるを好きなものにしたりすることでトイレに行くことが楽しくなります。工夫を凝らしながら気長に付き合いましょう。

ゆとり教育と学力低下の関係

最近のゆとり教育の理念に沿う形で、これまで1977年(昭和52年)、1989年(平成元年)、1999年(平成11年)の3回にわたり、文部科学省によって「授業時数の削減」「学習内容の簡易化」「総合科目の新設」など子どもの学力低下に繋がりかねないとも言える改訂が繰り返し行われてきました。

文部科学省が全国の小学5、6年生約21万人と中学生約24万人を対象に実施した「学力テスト(教育課程実施状況調査)」の結果、ゆとり教育での学力定着度をみる初のテストでは、問題全体の約3割が前回と同一のもので、正答率が前回より良かったものが約43%に上り、学力低下の心配はないという発表がされています。

また「フィンランドではゆとり教育による学力低下が起こっていない」という主張に対しても、「その制度だけまねても、環境も違えば教育者側の心構えも違い、結局システムを動かしているソフトウェアが異なっていては全く意味がない」という批判がされており、学力低下の現状を正しく得られない状況が続いています。

ゆとり教育による学力低下は、週休2日制などをとりいれた文部科学省の新指導要領の方針が間違っているかどうか・・という議論の前に、そもそも「子どもをしつけ、教育し、育てる立場である人間の教育ができていない」問題点を見直すべきであるといえるのではないでしょうか?

幼児向け英語教材

幼児の耳は3歳までにできあがる、と言われています。絶対音感を養うためには3歳までに音楽を学ばせろ、なんて言いますが、英語にも同じことが言えるのでしょうか。幼児のうちから英語を「聞く」ことを積極的に取り入れている家庭が多いようです。

幼児の英語教育に欠かせないのが専用の教材。親が流暢に英語を話せる場合以外は、ほとんどが教材に頼ることになると思います。幼児のための英語スクールもありますが、好きなときに家で取り組める教材の方に若干分があるでしょう。小さい子供を連れて歩くのはそれだけで大変ですからね。

幼児向けの英語教材は単語単語をぽつぽつ覚えさせるものより、長文を聞けるようなものがおすすめ。小さいうちは耳を英語に慣らすだけで十分です。大人でも英語の勉強は聞くことが大事だと言われていますよね。字を書けない、日本語もまだ覚束ない幼児なら、なおさらのことです。

幼児向けの英語教材を選ぶために、近所の先輩ママやお祖母ちゃんに相談してみるのもいいでしょう。ひょっとしたらもう使わなくなった教材を譲ってもらえたり、お祖母ちゃんが新品を買ってくれることもあるかもしれません。でも、最初からそのつもりで相談してはいけませんよ。

幼児向け英語教材は、決して安いものではありません。だからこそ、しっかりとした効果が認められる物を選ぶ必要があります。小さい頃は単語を覚えさせようとするよりも、英文を聞かせて英語のリズム感をつける方が効果的なようです。よって、教材もそういった物を選ぶといいでしょう。

▼関連記事
無料サンプルプレゼント『ディズニーの英語システム』

無料サンプルプレゼント『ディズニーの英語システム』

0才〜6才(マタニティ含む)のお子さまをお持ちのパパさん・ママさんへ

ディズニーキャラクターがたくさん登場するかわいい絵本とCDの無料サンプルを0才から6才のお子さまをお持ちの方とマタニティの方にプレゼント中です!

「見る・聴く・遊ぶ」で家族一緒に楽しめる「ディズニーの英語システム」一度、試してみませんか?

「ディズニーの英語システム」は子どもの持つイメージを大切にして、お子さんと一緒に楽しく遊んだり、歌ったり、遊びながら英語を習得できるプログラムです。この機会に「ディズニーの英語システム」無料サンプルを試してみませんか?

▼無料サンプルのお申込みはこちらからどうぞ▼
0才から6才のお子さまお持ちのかたに「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!

タグ:英語

幼稚園と保育園

幼稚園は文部科学省の所管で教育施設のため、教育・保育内容は幼稚園教育要領で定められていて、学校教育法が根拠となります。また、保育時間は4時間が標準ですが、私立幼稚園では少子化対策として預かり保育が実施さ、保育園と変らない長時間保育を実施する園が増えています。

幼稚園の教育・保育内容の基準は幼稚園教育要領(文部省告示)によります。これは学校教育法施行規則の一部で守らなければならない義務があります。保育時間は4時間(標準)となっていますが、保育園と変らない長時間保育の幼稚園もあります。

保育園は児童福祉施設最低基準や保育所保育指針に基づいて、年齢や子どもの個人差などを考慮した保育を行う。内容は幼稚園と同じ5領域を根本にして、遊びを通して学ぶことで生きる力を育てる目標がありますが、教育機関よりも家庭生活の補完という位置づけです。

少子化対策の一環として保育ニーズの多様化に応えようと幼保一元化の動きがあります。保育所は保護者の就労に関係なく利用できるようにという要望。幼稚園は保育時間を延長して就労している保護者も利用したいなど。が代表的な意見です。

幼児教育の基礎知識

幼児教育とは、本来は入学前の教育のことを指します。学校教育の初等教育(小学校)より前の段階にある教育のことです。ですが、幼児を対象とするおけいこや才能開発のことをさすことが多くなっています。

どうして、幼児教育がいいのでしょうか。それは近年の脳の発達についての研究がすすみ、その仕組みがよくわかってきたからです。早期に幼児教育をすることで、脳の伝達細胞であるシナプスがどんどん増えて、そのネットワークが強化されることがわかったからなのです。

そういうことで、ここ最近はどんどん早期からの幼児教育に取り組む家庭が増えています。胎教をしてまで外的刺激を赤ちゃんの脳に与え、少しでもシナプス回路を張り巡らせたいという親の願いからなのかもしれません。

脳の刺激というレベルで幼児教育を考えると、座って知識だけを与えることが幼児教育でないことがわかります。体全体を動かす、手先を動かす、自然に触れる、いろんな人と関わる、良い絵本に触れて体も心も育てる必要性がわかります。

布のおもちゃで遊ぶ

まだ寝返りのできない赤ちゃんに小さな布を与えると、握ったりおしゃぶりにしたりして遊びます。ミルクの匂いやお母さんの香りがついたタオルや毛布が側にあると、安心するのでしょう。そういう優しい肌触りと安全で清潔に保てるという点で、布のおもちゃの人気が高いようです。

赤ちゃんの興味を引くかわいい動物やキャラクターのパペットやぬいぐるみのほか、さわったり、振ったり積み重ねたりしして楽しめる布製のサイコロ型積木も人気。またパーツをマジックテープでくっつけたり外したり、人形を布のポケットに入れたり出したり布のクシャッとした感触、マスコットを押したときの音、赤ちゃんが楽しめるしかけがいっぱいのラグなども人気。布の絵本は赤ちゃんの感性を高めます。

安心で清潔さを保てるだけでなく、赤ちゃんがにぎにぎ出来る色鮮やかな布おもちゃは、手触りも気持ち良く、また軽くて持ち運びも簡単。遊ぶだけでなく布絵本で指先の器用さが向上します。カラフルなデザインに、お子様も夢中になって遊んでくれると思います。絵本の中の様々なしかけで、日常生活で必要な作業を学べます。

いろいろな布のおもちゃが販売されていますが、自分で作ることも出来ます。材料はタオルやフェルト、綿などでフィルムケース、鈴、大豆などを利用して音が鳴るおもちゃが簡単にできるのです。作り方を書いた市販の本もたくさん出ているので、是非活用したいですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。